冬は3年とらふぐ

今や冬の定番はこの3年とらふぐやえ?なんで3年かって
確かとらふぐの養殖を3年かかってするんや。
本来は2年くらいで終わるんやけどな。
1年余分に育ててるから旨味も増しとんやで。
じゃあここで3年とらふぐへのこだわりとうんちくでも見てもらおうかの〜

南あわじ名物!3年とらふぐとは?

鳴門海峡で年間丹精込めて過保護に育てたとらふぐ。潮の流れが激しい鳴門海峡だからこそ身がしまり下関には負けません。世間で流通しているとらふぐのほとんどが2年間育成された1kgサイズ前後のふぐがほとんどですが、3年とらふぐは1年長く育てるリスクを負いながら育て1.2kg以上に育てあげます。

1.2kgサイズ以上になると養殖と天然の肉質がわからないほど身のしまりがよく、養殖魚特有の黒いすじが消え、天然のとらふぐと変わらない美味しいとらふぐになります。また白子は2年物では考えられないほどの大きさになります。全国でとらふぐの養殖をしている中でこの淡路島の福良湾が番水温が低く、日本一潮の流れの早い鳴門海峡の近くで養殖しているので、身のしまりが良く味が濃厚になると言われています。

これが自慢の3年とらふぐ料理や!

3年とらふぐ料理 オンライン予約

宿泊プラン検索

ブログ新着情報